キャッシング審査の特徴や注意点とは

キャッシング審査でチェックされるのは返済能力であり、この返済能力は年齢、職業、借金歴等のような第三者目線で判定可能なものでチェックされ、顔つきや喋り方というような見る人によって評価が変わる主観要素は一切関係ありません。

キャッシングを行いたい場合には業者選択によって審査の通りやすさや金利設定等が違っており、一般的には銀行と消費者金融では銀行の方が審査が厳しくなりますが、低金利で融資枠が大きいという利点があります。

消費者金融は高金利で融資枠が狭いですが、審査速度が早かったり審査が柔軟という利点があり、申込者の状況によってはどちらが有利かは変わりますし、相性の合う方を選ぶと良いでしょう。

銀行は低金利かつ融資枠が広いですから、完済までに時間がかかる大きな借金の場合は特に力を発揮しますし、消費者金融は短期完済で小額借り入れを行う場合は利便性が高くて便利です。

銀行審査に通らない方でも消費者金融で通るという例も多く、返済実績を積み重ねていくと信用が高まって将来的に銀行でも利用出来るという事もありますし、借りたお金は確実にルール通りに返す事が大切になります。

審査申込みは店舗に行ったり、電話、ネット経由で行えますし、ネットだけで申し込みから審査、契約、返済まで対応している業者も増えていて便利です。


このページの先頭へ